「土木設計教えて君」 初心者土木技術者向けに土木の設計、新技術の紹介、性能規定化の初心者講座の情報HPです
土木設計教えて君
土木技術者のためのポータブルサイト
 総合評価方式  性能設計関連  初心者用設計講座  雑誌・書籍・セミナーサイトマップ
土木設計教えて君TOP総合評価方式>役所は総合評価の何に期待しているのか

1−4 役所は総合評価の何に期待しているのか 

 役所側も一応は発注者、総合評価の何かに期待している部分があり、その何かが技術資料作成のテーマにもなっています。
 無論、件数勝負のサクラ工事も多く存在していますが、本当に解決策を期待し、価格だけではない総合評価方式に期待している部分も多く存在しています。
 
 また、性能規定化が推進されるなか、性能保証を担保要件にするため、現在の会計法を尊主した中契約方法としては、消去法として総合評価方式しかないといえます。

 このように、ネガティブな場合とポジティブな面をもっているかと思います
 
 ここでは、ネガティブな面を紹介しても仕方がないので(で紹介)ポジティブな面を紹介していきます。

 発注者は例として総合評価方式に期待しています。
@交通量が多い道路での工事では「規制車線を少なくして、交通渋滞を緩和する」
A住宅街の工事で「騒音の発生する期間を短縮する」
B維持管理費を低減したい。(ライフサイクルコストの低減も含む)

等などです。

 まさに、スペックではなくクオリティが求められているのです。

私の場合には、総合評価に期待するものとして、責任施工&設計です。
仕様発注においては、すいも甘いも、良きも悪きも、仕様どおり作成すれば、責任がないのですから、こんなに簡単なことはありません。これでは、ごまかそうという無責任な会社が出てきても不思議ではありません。

もっと作る側の責任や自覚をもってもらうためにも、総合評価に期待しています。

がしかし、最近では発注者が総合評価方式を理解していないために生じる悲劇もまた存在しています。

スポンサードリンク
総合評価方式についてのメニュー
今公共事業の工事入札方式は、総合評価方式にシフトしてきています。
ここでは総合評価方式とはなにかをクローズアップしていきます。

1−1 総合評価方式とはなにか
1−2 総合評価による淘汰がついに始まった
1−3 総合評価を乗り切る秘訣
1−4 役所は総合評価の何に期待しているのか
1−5 総合評価の本心と野心
 >>総合評価方式についての他の記事
スポンサードリンク
サイトメニュー
土木の設計法
土木のトピックス
最新技術情報だより
失敗事例集
使える土木ソフトレビュー
土木のよもやま話
無駄な公共事業の特集
土木技術者SNS
土木技術ポータルサービス
スポンサードリンク
お知らせ
サイト運営者情報
免責事項
プライバシーポリシー
広告を掲載ご希望の場合
プレスリリースを希望の場合
リンクにつきまして
相互リンクについて
ブログパーツ
土木設計おしえて君OP総合評価方式>役所は総合評価の何に期待しているのか

2007 総合評価方式 一発解決! All Rights Reserved.  当サイトはリンクフリーです

このサイトに掲載している記事、写真、図表などの無断転載を禁じます。著作権は運営者またはその情報提供者に帰属します。掲載している情報は記事執筆時点のものです。